« 安気な住まい:移りたくとも移れないという不幸 | トップページ | 人口変動:いよいよ分譲団地の高齢化が浮上 »

2012年5月31日 (木)

エネルギーシフト:日本中が自然エネルギー開発ラッシュ

全量買取制度の普及は各地で可能な発電所建設に知恵を絞っている。耕作放棄地や工業団地、閉鎖したスキー場など、これまで見捨てられた宝の山を掘り返して金山を見つけようと言う構えである。全国がそんな気分だから、急いだ方が勝ち。『先んずれば人を制す』とも言える自然エネルギー発電全量買取制度で自然エネルギーの普及は急進するだろう。こうした自然豊かな地方都市に有利な発電事業が生まれたのだか、そこに大都市の自治体や住民も参入することが出来る。それはたとえば姉妹都市との提携で、地方の姉妹都市に風力発電所を設置したり小水力発電所を建設する費用を姉妹都市の市民が融資するという仕組みだ。もちろん発電した電力を一定額で購入する約束もすれば、その都市の電気代は安定する。学校や施設の電気を中心に姉妹都市で発電したものについては、優先的に安定利用する契約をすることで生産者とのWinWinの関係が成立する。

最初から購入価格が決まっていれば事業としての投資効果も計算できるしリスクも少ない。例えば多摩市の姉妹都市は長野県富士見町。八ヶ岳の麓の町は自然環境豊かな自然を有している。144.37平方キロメートルの町の広さは多摩市の7倍。小水力発電も風力発電も太陽光パネルも設置できそうな場所が沢山ある。それに比して多摩市にはせいぜい公共施設や団地の屋根にソーラーパネルを取り付ける程度。富士見町の方が自然エネルギー発電には優れた環境がある。その環境をフルに生かして、多摩市民が投資して、その電気を多摩市で使う。

この話、先日、身近な勉強会に来て頂いた大島茂男氏から仕入れた話。多摩市民の自然エネルギーへの思いを地方でも実現できる仕組みとして好感が持てた。氏はながらく生協活動にかかわってきた方で、協同で生活文化を創ることに傾注されてきた方。まさに姉妹都市同士のパートナーシップのエネルギービジネスは的を得た提案だった。無いものと有るものを融合して成長させていくアイディアは共に繁栄する関係を生み出す力に富んだ人だという印象を受けた。地方と都市が手を組むと、単にリゾート基地を利用する人と提供する人との関係ではなく、エネルギービジネスの展開が可能になることが見えてきた。

氏の話の中で、アメリカの先進都市の話があった。カリフォルニア州サクラメントがソーラー発電の都市だという。そこでググッテ見ると、確かに大規模ソーラー発電の開発が進んでいて、20年以上も前に原発を住民投票で即時停止したというから、こうした取り組みに対する勢いも良いのだろう。雨が少なく日差しが多くさわやかな地中海気候だと言うからソーラー発電にはもってこい。サンフランシスコからは長距離バスを利用すれば2時間程度で行けると言うから、それほど遠くないし、もしレンタカーでも借りていけばもっと自由に動けそう。近くのデービスに緑豊かなニュータウンで有名なビレッジホームズもあり、果物取り放題の持続可能なニュータウンづくりのモデルになった市街地が形成されている。一度は行きたいと思っていたので、旅心に火もついてきた。だれかレンタカー運転できる人、いないかな。左ハンドルはちょっと苦手。

« 安気な住まい:移りたくとも移れないという不幸 | トップページ | 人口変動:いよいよ分譲団地の高齢化が浮上 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安全な【 電力 】 !!

発電帆船は、帆船の左右両側に【 水車 】と【 発電機 】が取付けられていて、帆船が航行すると【 水車 】そして【 発電機 】が連動して回転する仕組みになっている。

危険な【 強風 】あるいは【 無風 】を避けて、安全な【 良風 】の海域を航行するだけで【 電力 】を生産することができる。

電力は【 バッテリー 】もしくは【 キャパシタ 】に蓄えておき、帰港したら市場で販売する。

【 風力発電 】や【 太陽光発電 】のような不安定性の無い電力として利用できる。

【 良風海域 】を次々と移動しながら発電てることから【 効率 】良く電力を生産できる。

当然、販売価格は【 安価 】になり【 ガス 】【 ガソリン 】【 灯油 】といった市場を奪うことになるだろう。

【 放射能汚染 】や【 大気汚染 】などとは無縁のエネルギーは【 輸出 】されるに違いない。

さらに【 産業空洞化 】や【 失業対策 】の一助にもなる。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174635/54838629

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーシフト:日本中が自然エネルギー開発ラッシュ:

« 安気な住まい:移りたくとも移れないという不幸 | トップページ | 人口変動:いよいよ分譲団地の高齢化が浮上 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ