« 50年後の東京:「地方移住というトレンド」 | トップページ | 21世紀は「環境の世紀」 »

2016年6月 4日 (土)

ちょっと目先を変えて、「安曇野・わさび田」。I do something new a little, and, "Azumino and Japanese horseradish rice field".

静岡の山葵は富士山の湧水を利用して栽培するが、安曇野の山葵は北アルプスの雪解け水を受けた犀川の合流地区で大規模に栽培されていた。犀川は長野市で千曲川に合流して名を変えて、さらに千曲川は新潟県に入ると信濃川と名を変えて日本海にそそぐが、日本で最も長い河川で、その流域面積も広い。

急峻な山岳地帯から冷たく澄んだ雪解け水を、ふもとの松本盆地に運び、広大なわさび田を形成した様は見事としか言いようがない。訪ねたのは「大王わさび農場」だが、水車あり遺跡ありで入場無料のテーマパークだった。

I do something new a little, and, "Azumino and Japanese horseradish rice field".

Japanese horseradish from Shizuoka was grown using spring water in Mt. Fuji, but Japanese horseradish from Azumino was grown on a large scale in the joining area in Sai-gawa where thaw water from North Alps was received. Sai-gawa joins Chikuma-gawa in Nagano-shi, and a name is changed, and when I enter Chikuma-gawa in Niigata-ken, moreover a name is changed with Shinano-gawa and it's turned on the Sea of Japan, but the catchment area is also wide at the longest river in Japan.

I can say that the state which carried the thaw water cold and clear from a steep mountain range to Matsumoto-bonchi in the base and formed a vast Japanese horseradish rice field is excellent. But a water mill had "great king Japanese horseradish farm", and visited one was a theme park of a free entrance with remains. (エキサイト翻訳より)

clip_image002

« 50年後の東京:「地方移住というトレンド」 | トップページ | 21世紀は「環境の世紀」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174635/63728074

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと目先を変えて、「安曇野・わさび田」。I do something new a little, and, "Azumino and Japanese horseradish rice field".:

« 50年後の東京:「地方移住というトレンド」 | トップページ | 21世紀は「環境の世紀」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ