« 念には念を入れて諏訪二丁目の世帯の構成人数の推移を検証する | トップページ | 多摩ニュータウンの高齢化の本当のところ »

2017年12月 6日 (水)

報道批判というか認識不足を知って貰いたい

再び12月3日の朝日新聞報道が気になったので一考する。

誰がそんなことを教えるのか、多摩ニュータウンといえば多摩市永山4丁目の公団賃貸団地居住者が選ばれてインタビューを受ける。そこは多摩ニュータウンでも高齢化のメッカだと、あたかも言い切っているように報道する。ところが多摩市のみならず多摩ニュータウン全体で観ても多摩市永山四丁目の高齢化は町丁別では13位でベストテンにも入っていない。確かに4市で構成される多摩ニュータウンでは多摩市がダントツの高齢化ではあるものの、開発時期が最も旧いので致し方ないだけで、他市もいずれ高齢化は進む。

実は高齢化が最も高いのは都営住宅を要する地区で多摩市愛宕3丁目は53.9%と半数以上が高齢者になっている。多摩市和田も諏訪4丁目も都営住宅だ。そして次に多摩市豊ヶ丘5丁目は初期の分譲団地だ。永山4丁目は42.4%と高齢者の集中は低くはないが、公営住宅団地と初期の分譲団地に高齢化問題が深刻化していることを知らさせいような報道は問題である。

報道では2015年の国勢調査データを用いているが、高齢化率についての捉え方があまい。住宅政策全体を掌握しての問題提起が欲しい。例えば都営住宅の高齢化問題は、空き家の多いUR賃貸をセイフティネットに活用する方法を提案するとか、初期の分譲団地に集中する高齢者の住替えできる住宅供給を提案するなど、報道ですべきことはたくさんあるはず。もっと勉強して報道してもらいたいものだとつくづく思う。

clip_image002

« 念には念を入れて諏訪二丁目の世帯の構成人数の推移を検証する | トップページ | 多摩ニュータウンの高齢化の本当のところ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道批判というか認識不足を知って貰いたい:

« 念には念を入れて諏訪二丁目の世帯の構成人数の推移を検証する | トップページ | 多摩ニュータウンの高齢化の本当のところ »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ