« 賃貸団地と分譲団地が40年も経つと-賃貸住宅編 | トップページ | やっぱり建替がベスト »

2017年12月16日 (土)

賃貸団地と分譲団地が40年も経つと-分譲住宅編

町丁別で統計処理が公開されている国勢調査を元に地区の特徴を表そうとすると自ずと地区が限られます。大規模開発の多摩ニュータウンですら多様な住宅が混在しているのですから、既成市街地に点在する住宅に地区別の傾向を見るのは至難の業です。特に分譲団地の場合は尚更です。販売規模の限界もあるので開発する地区面積が限られてきます。だから町丁目単位で同一団地を供給していないので難しいのです。それでも何とか、ほぼ地区全体が分譲団地になっている地区が二地区ある。「多摩市愛宕2丁目」と「多摩市豊ケ丘5丁目」です。

多摩ニュータウンの中でも町丁目が限られているので特徴を一言で示すとすれば、殆どが子育て世帯から始まったが、いまでは子供が独立して夫婦世帯になり、さらに単身世帯になっていったという状況で、このまま行くと単身世帯がさらに増えて行くという流れであることに間違いないという判断が出来ます。つまり「高齢化しても死ぬまで居続ける」という現実的な選択をするしかないことが見えてくる地区です。

対象とした団地はエレベーターもない中層住宅です。高齢化して、体力のない中では住み続けられないので、何らかの押出効果がなければ孤独死などの現実問題も発生する可能性が高い団地です。こうした状況を避ける手段が必要だと思うのですが思うに任せません。改善する方法はあるのですが、合意形成などを考えると現実的には困難であり、すべての世帯に有効な手段ではないのです。国の政策として、あるいは地方自治体の対策として高齢者を受け止める手段がない中では、極端な高齢化団地が生まれるのは当然です。持ち家という資産を活かした住み替えの仕組みが喫緊の課題であることは確かなのですが、、、。

clip_image002

clip_image004

« 賃貸団地と分譲団地が40年も経つと-賃貸住宅編 | トップページ | やっぱり建替がベスト »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸団地と分譲団地が40年も経つと-分譲住宅編:

« 賃貸団地と分譲団地が40年も経つと-賃貸住宅編 | トップページ | やっぱり建替がベスト »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ