« 2018年1月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年2月 2日 (金)

「2月1日は水素の日」だそうだ

今朝の新聞報道(朝日新聞)で始めて知ったのですが、水素の分子が2.01なのにちなんでの2月1日を「東京水素の日」にしたことが正確な情報のようだ。東京都が昨年末に発表して昨日が『東京水素の日 記念イベント水素エネルギー推進セミナー「水素が動かす、東京の未来」』としてイベントを開催した。

https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash

そこで燃料電池自動車の仕組みをJHFCプロジェクトのホームページでさわりを勉強してみた。わかったことは結構課題が大きいことで、それからするとやはり直接燃料電池を使うのではなく、出来上がった電気を利用するほうが一般家庭でも自動車利用でも簡便な気がしてきた。

http://www.jari.or.jp/portals/0/jhfc/beginner/about_fcv/index.html

今まさにエネルギーは原発から如何に離れるかを世界的なテーマにして動き出しているように思う。その為には再生可能エネルギー100%のエネルギー社会が生まれてくる前哨戦でもあるようにもみえる。だから次世代のエネルギーとして水素が叫ばれることは歓迎すべきことだが、その原料を天然ガスや石油に求めたのでは意味がない。やはり再生可能エネルギーに求めていきたい。

水素燃料電池自動車の動力として普及させるためには水素を供給する水素スタンドが必要になる。その規模は安全性を確保したり場を提供するのに、普及させるための経過としても現状のガソリンスタンドを使うことになるだろう。一方で電気の急速充電設備を備えたスタンドも生まれているが、これについては充電時間がかかるので、ドライブインやスーパーなどの店舗に併設されるとすれば、今後は水素と電気の戦いになるやも識れない。

どうも「水素の日」として走り出した東京都ではあるが、何事にも不精なエネルギー消費者側の発想としては電気に軍配を挙げてしまうのだ。たとえばマンション内に水素発電所を設置して、オール電化のマンションを作るとか・・・

2018年2月 1日 (木)

「電気で動く車」と「発電事業」との組合わせ

近未来は意外と容易にチャレンジできる「電気自動車」が台頭すると思うのですが、日本人は未来をどう考えているのでしょう。そもそも電気を生み出すのに最終的なエネルギーの循環は【太陽エネルギー→電気エネルギー→水素→電気エネルギー→動力】になるように思っているのです。どうも自動車というコンパクトな乗り物にコントロールのいにくい水素を載せることには限界がありそうで、それよりも蓄電池の開発と効率のいいモーターに依存する動力変換が最も容易なように思うのです。水素が爆発するとどうなるのかは、あの原発の爆発でもツェッペリン号の火災でも明らかになったようにコントロールが難しいし、一旦起こった事故では被害が増大するように思うので、だからこそ水素は完全にコントロールできる仕組みの中で活用してこそ完全なエネルギー源として活用できるのだと思うのです。

電気を生み出す方法は多様です。人の住まない砂漠でも海洋でも山間部でも、地中深くの地熱を利用しても発電は可能です。それを近くに運ぶことも容易で地産地消であればさらに簡便な利用ができます。つまり市街地に近い管理された水素発電所で発電した電気を当該市街地で消費するという仕組みを生み出すという地域循環のエネルギーを考えたいのです。

たとえば多摩ニュータウン地域の場合には、現在の下水道の終末処理施設の場所に水素発電所を建設して、下水道管を通して電気を送る仕組みを組み立てれば良いと思っています。下水道管は末端まで届いており、そのマンホールを活用して各施設に配線することも可能だと考えます。改めて電線類を架空に配線することなく、下水道管の中で完結させる仕組みができれば主だった電線や電柱の必要もなくなり、街の景観も良くなるはず。一挙両得です。

街にはガソリンスタンドがなくなり、充電設備が街角に何気なく置かれている。電気代は無料で充電でき、空気がきれいになると人の健康にも大きく貢献することになります。電気自動車が排気ガスを出さなくなると、他の乗り物も当然、電気になりますし、そんな風景がノルウェーにはあったのです。

clip_image002

« 2018年1月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ