« 公的賃貸の空き家状況 | トップページ | タワマンの売りが気になる »

2018年8月28日 (火)

永山地区の賃貸住宅比較

「明日」と言っておきながら日が経ってしまいました。

多摩ニュータウン開発の最初の地区である永山地区には公的賃貸住宅が二箇所あります。永山団地3,313 戸とプラザ永山134戸です。戸数的には公的賃貸住宅の合計3,447戸を基準に、市の実態調査と比較すると、市では3,424戸と23戸少なくなっていますね。

この差は何でしょう。気になりますね。少し調べてみます。

参考に永山4丁目地区の世帯数の推移をグラフ化したものをご紹介します。永山4丁目はすべてUR賃貸住宅ですので、国勢調査データと現状戸数と比較するのに役立ちます。これも参考に分析を加えてみます。

clip_image002

« 公的賃貸の空き家状況 | トップページ | タワマンの売りが気になる »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永山地区の賃貸住宅比較:

« 公的賃貸の空き家状況 | トップページ | タワマンの売りが気になる »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ