« 人口は減り始めたけど、世帯増は相変わらず | トップページ | 公的賃貸の空き家状況 »

2018年8月22日 (水)

多摩市の借家事情

持家と比較すると賃貸には空き家が多いことは判っています。それも既存地区よりもNT地区に多いのは、UR賃貸と公社賃貸に空き家が多くあるのです。同じ公共賃貸住宅と言っても都営住宅は皆無なので、これを算定するとさらに空き家率は多くなります。

また、民間の賃貸の多くはワンルームなどの小規模アパートです。ワンルーム空き家は既存地域になりますし、NT地域(多摩ニュータウン地域)はUR賃貸と公社賃貸、そして個人の賃貸利用がカウントできます。

以下のグラフは、「多摩市の実態調査」「住宅・土地統計調査」「民間ネット情報SUUMO」「民間ネット情報アットホーム」です。調査年度や時期も異なりますが、調査結果があまりにも異なるので混乱してしまいます。どのように整理すればいいのか皆さんで判断してください。

clip_image002

clip_image004

clip_image006

clip_image008

« 人口は減り始めたけど、世帯増は相変わらず | トップページ | 公的賃貸の空き家状況 »

コミュニティ」カテゴリの記事

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174635/67083149

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩市の借家事情:

« 人口は減り始めたけど、世帯増は相変わらず | トップページ | 公的賃貸の空き家状況 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ