« ●20階以上の中古マンションの販売状況 | トップページ | 地方都市、多摩ニュータウン »

2018年12月24日 (月)

●たまには多摩ニュータウンの話題を

2013年の諏訪二丁目住宅(630戸→1239戸)に続いて2018年に松が谷17団地(80戸→239戸)の建替が終わりましたが、今後も続いて建替がありそうなので、その可能性のある団地を列記してみました。

多摩ニュータウン内の団地で、建替可能な団地には3つの条件があります。一つはエレベーターのない5階建ての団地です。愛宕団地を除くとすべてが階段型の住棟なので現実的にはエレベーター設置はできません。次には40年以上経過している団地です。言い換えるとオイルショック前の団地で、「量の時代」に供給された建物は性能的には数段劣るのです。従って改善するのに費用がかかりすぎるのと、敷地に余裕があり建替に有利という麺もあります。そして3つ目の条件が小規模住戸の集中している団地で、住戸の広さに不満な状況が継続していることがあります。最近では家族も減っているのでいいという判断もありますが、反面、多様性に欠けているということから、高齢化、単身化が団地コミュニティの崩壊を招いているのです。

まあ、そんなこともあるので、参考までに上記3条件にあった団地を表記しておきます。

image

« ●20階以上の中古マンションの販売状況 | トップページ | 地方都市、多摩ニュータウン »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●たまには多摩ニュータウンの話題を:

« ●20階以上の中古マンションの販売状況 | トップページ | 地方都市、多摩ニュータウン »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ