« ●多摩市の持ち家が急増している訳は | トップページ | ●2018年の住宅・土地統計調査で空き家率が発表された »

2019年2月22日 (金)

●多摩市の持ち家化はまだまだ進みそう

多摩市の持ち家増加の主因は新築マンション供給と建売物件です。SUUMOで新築マンション物件を見ると3件約460戸の紹介があります。また新築戸建住宅を検索すると202件の紹介があります。さらに新築賃貸物件を検索すると1,178件がヒットしてきますが、同じ物件が複数社で紹介されているので実態ではないですが、かなりの数の新築物件が供給されていることは確かです。一方、中古物件をSUUMOで概観すると、中古マンションが247件、一戸建てが77件ですから中古流通よりも新築流通が主力の発展途上の様子が見えてきます。

国勢調査のデータに着目してみましょう。

持ち家について2010年から2015年に2,483世帯が増えていることは、国勢調査での増加分1,383世帯がそっくり持ち家世帯であり、さらに1,100世帯が賃貸から持ち家に移行したことになります。それを公的賃貸の減少分870世帯と供与住宅107世帯、そして間借り世帯の188世帯と住宅以外の世帯の減少211世帯を合わせると1,606世帯になりますので民営借家の増加分211世帯を差し引くと1,395世帯となり概ね世帯数の増加分に匹敵します。

このように多摩市の住宅事情を概観する限り持ち家化は進んでおり、公的賃貸住宅を大量に要する多摩市にあって住宅に居住している世帯数に対して持ち家率も55.1%は立派で、東京都の48.4%を遥かに超える持ち家率です。今後は新規供給の土地がなくなって来るので急増は難しいですが、まだまだ成長トレンドは続きそうです。

clip_image002

« ●多摩市の持ち家が急増している訳は | トップページ | ●2018年の住宅・土地統計調査で空き家率が発表された »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●多摩市の持ち家化はまだまだ進みそう:

« ●多摩市の持ち家が急増している訳は | トップページ | ●2018年の住宅・土地統計調査で空き家率が発表された »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ