2017年10月24日 (火)

『男と女』生産年齢人口が急減するのだからみんなが社会参加しなくっちゃ

貧しい国では子供を生むことは家庭の生産力を上げることだという概念があります。つまり子供でも働き手に成るという意味で、諸外国では物乞いも含めて子供は家庭を助けます。日本でも子供は街に奉公に出ていました。「丁稚奉公」や「子守」など子供の仕事はあったのです。今となっては虐げられた子供の姿と映って、良い印象は無いのですが、貧しい村から裕福な街への就職活動はあったのです。

「丁稚」をググってみますと「10歳前後で商店に丁稚として住み込んで使い走りや雑役・・・」という解説がされています。10歳というと今で言うと小学生高学年に入る頃です。江戸時代に普及した制度のようですが「丁稚」「見習い」「弟子」など様々な職業によって使い分けられていたようです。つまり子供の内から働くことの習慣を身に着けていたようです。こうした制度は昭和初期まで続いていたように思いますし、戦前は義務教育が尋常小学校の制度と結びついていたので、それにも左右されていたように思います。

まあ、いずれにしても10歳ころから子供は働いていたし、人生50年時代ですから殆ど生涯現役で働いていた人も多いと思います。病気になっても治療ができない病気が殆どですから、簡単に死ねたので老後という期間は短かったに違いありません。たまには長生きの人がいて、「ご隠居」なんて呼ばれたり「長老」として君臨したりで、高齢者は珍しかったのです。そんな時代ですから、男女の役割も明確だったのです。「男は丁稚か弟子、女は子守あるいは飯炊」など職業区分も明確だったに違いありません。

さて、現代版「丁稚」や「子守」は少子化の中では大いに社会勉強をさせて、有効な社会人として役立つために育てることを目的とするのかもしれません。そして膨れ上がった高齢者を、元気を保ちながらゆるりと使い込んでいくことが求められているのではないかと思うのです。特に長生きの女性にはもっと社会参加していただいて、「子守ババア」ならぬ「子守役」を担っていただくことが次なる社会を生み出す力になるような気もしてきます。ジジイの場合は、現役の半分でもいいから働いたつもりに成って社会貢献して、早死していくことが求められているのだろうと思うのですが、いかが・・・。

clip_image002

2017年8月30日 (水)

「イノベーションが日本の未来を拓く」をテーマに書いてみたい

何かにつけて「少子高齢化社会」とか「人口減少社会」などマイナーな情報が世に溢れているのですが、私はこうした現象そのものをポジティブに捉えています。以前書き下ろした「ニュータウン再生」では「引き潮時代のタウンマネージメント」を副題にしました。アマゾンでは0円でダウンロードできますので是非お読みください。

 

http://www.machisen.net/book/

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00B149TUG

 

まえがきの中で「上げ潮経済と引き潮経済」を取り上げました。その趣旨は戦前戦後を通じて日本は国の資産を築き上げて行きますが、人口増加社会の中で個人資産も企業資産も上げ潮に乗って蓄えていったことを前提として、今後はその蓄積を活かして行く時代になったことを共通の価値観として共有し合うことが大切なんだという説明をしています。明治、大正、昭和と西洋列国と肩を並べたいという意欲で肩肘はりすぎて、太平洋戦争には破れたものの戦後の巻き返しが見事にアジアの優として国造りに励んできました。こうしたストックをこれから活かせる時代なのだという共通認識です。

 

海は「上げ潮」時に魚や貝や海藻などの生物がプランクトンや海水の養分を餌に成長し生息しています。それを利用した栽培着業が牡蠣やホタテの養殖などで、まさに満潮時の海のエネルギーを受け止めて育ちます。アサリやハマグリなどもそうですし、昆布やわかめも海藻類は豊富な海の栄養を満潮時に得ます。そうした獲物を魚類や甲殻類は食べて成長しますし海はさまざまな循環で海産物という資源を沿岸に蓄えます。実は「引き潮」時にはその育成した成果を容易に水揚げできるようになります。海苔の養殖は引き潮になって刈り取りますし、定置網も引き潮時に水揚げします。私達が容易に浜を歩きながら海の産物を収穫することができます。まさに潮干狩りです。

 

時代は上げ潮から引き潮の時代に入ってきたのです。私たちはこれまで蓄積してきた資産やシステムをこれから享受する時代に入ったのです。これまで蓄えた「人・物・金・情報」を今からゆっくりと使っていくのです。もう遠洋漁業に行く大きな船でなくても沿岸の小舟で昆布は刈り取れますし、砂浜ではアサリが湧いています。

 

こうした時代に高齢者も主婦も子供も、砂浜にそして岩場に繰り出します。そこにはトコブシもいますし、亀の手も食べられます。最近ではムール貝も岩についているようです。もちろん砂浜にはアサリがいますが東京近郊では限られてきました。私の育った香川県ではまだまだ潮干狩りの出来る浜があります。私の通った蔦島ではキャンプ場の前が潮干狩りの場所でした。いやどこでも録れたのです。岩場に潜って行けばサザエもいればタコもいました。そんな引き潮の恩恵を今後の日本は享受するのです。そこに希望を持ってポジティブに生きたいと思っています。

 

そんな時に必要なのがイノベーションです。「革新する」「刷新する」という英語の動詞です。今までの「上げ潮経済」から「引き潮経済」への転換点でもあり、新たな経済活動の芽生えです。

2017年8月 3日 (木)

『国勢調査推移集計』最初の国勢調査と平成27年の国勢調査を比較すると時代の変化が一目瞭然-「花嫁のアメリカ」江成常夫著(講談社文庫)

25歳~29歳が30歳~34歳になる時、戦争で新たな婚期を迎えることのなったのです。いや行き遅れた女性がアメリカの花嫁になったのです。終戦からまもなくマッカーサーが来て連合軍の代表として統治し始めます。それから13年以上の長きに渡って進駐軍は日本全国を統治してしたのです。当然、米軍は男性社会です。日本の女性との交際も盛んに行われたのです。それも戦争で不足していた日本人男子の代わりと言っては失礼ですが、男女が引き合うのは致し方のないこと。その時の記憶が「花嫁のアメリカ」江成常夫著(講談社文庫)にありました。

日本人は歴史的な出来事を省みるのは得意じゃないようにも思います。例えば沖縄が返されたのが昭和47(1972)年5月繊維産業の自由化と交換に変換されたと揶揄されました。「糸を売って縄を買った」という表現を絹の街、桐生市の職員から聴きました。戦後27年間、沖縄は米軍の占領下でパスホートがないと入れませんでした。そこでもアメリカ人との混血を生みました。一時的な触れ合いが齎す不幸も多く生まれたのです。当事は「アイノコ」と呼ばれ差別を受けた混血児も、今はスーパーモデルとして第一線で活躍する人もいるのでしょう。時代は変わりました。

こうした史実を確証するのはやはりデータです。男性より女性の転出が多くなっている世代があります。大正期や昭和初期では出産での若い女性の死亡数が多い時代もありましたが、戦後の病院出産の普及で出産時の危険から急速に救済されました。「産後の肥立ち(回復)が悪い」など、最近の話題にはあまり出ない言葉でもありますが、相変わらず出産は大変な仕事です。

さて、コーホートに観る日本国内の転出や転入、世代ごとの特異な理由での死亡、社会的な動きでの人口減少や増加については全てに裏付けがあります。私にとって、まさに戦後の花嫁の事情はこのコーホートによる情報からでした。昭和59年発売の「花嫁のアメリカ」に続いて「花嫁のアメリカ 歳月の風景1978-1998」が2000年に出版されています。同じ絵なり常夫氏の写真集になりますが、当事の歴史を承けた新しい世代が育ちつつあることを物語っていました。戦争というものを通して、アメリカ社会と日本というふれあいの歴史でもあるのです。

clip_image002

clip_image004

2017年7月16日 (日)

旅日記 デンマーク コペンハーゲン「市役所前広場」

55°40'33.1"N 12°34'08.1"E

写真を観て、これが何かを言い当てる人は大したもので、にわかに信じられないものが立っていた。コペンハーゲンの市役所前広場に設置された簡易型4人分の「小便器セット」である。タンク内蔵型で独立して立っているものだから容易に移動可能。そもそも日本人的には「厠」というのは隠れてするもので白昼堂々広場に晒すものではない。

そこはバイキングの血を彈く民族。蓋の付いたビールグラスを傾けて豪快に煽る飲みっぷりは男社会の伝統なのか、ションベンまでもワイルドで開放的な風景である。2010年6月25日金曜日の夕方、日本対デンマーク戦の当日、コペンハーゲン市役所広場に人々が集まり始める。これからワールドカップで日本が勝つのである。そのイベント会場の一コマ。ここに来たデンマーク人たちは大いに落胆してションベンを垂れるのである。

clip_image002

2017年6月25日 (日)

旅日記 バンコック チャオプラヤ川に架かるRama III Bridge手前の高架道路を支える柱、地震のある国とない国の差は

13°41'52.4"N 100°29'45.6"E

地震がないのは恐ろしい。日本では耐震性能をもった高速道路でも神戸の震災では簡単に倒れていった。まるで手抜き工事があったのではないかと思わせるほどもろく倒れた。それ以降、耐震補強を高速道路などの柱脚部に各地で施していったが、バンコクでは相変わらずの風景である。「杜撰(ずさん)」という言葉があるが、宿近くで建設中の建物の足場を観ると自ずと心配せざるを得ない気持ちになる。

日本は地震の度に改善が重ねられてきて、今では地震国でありながらそれに耐えうる超高層などの多様な構造物を建設することができるようになった。建築技術が世界的にも認められるのは地震に対するハンディを背負っていたからに他ならない。それに社会経済の安定が大きく、内陸性地震の発生する中国社会とは雲泥の差が地震に対する建築技術だと言っても過言でない。地震による災害を人災として捉え、改善できるものは最大限に改善していくという考え方はようやく成就したようだ。

【ミャンマー、タイ】米地質調査所によると、2016年8月24日午後5時35分(タイ時間)ごろ、ミャンマー西部チャウクの西約25キロを震源とするマグニチュード(M)6・8の地震があった。震源の深さは84キロ。この地震によるとみられる揺れがバンコクのビルでも感じられ、一部のビルでは建物内にいた人を外に避難させた

(2007‎年‎10‎月‎20‎日)‎

clip_image002

clip_image004

clip_image006

2017年6月 3日 (土)

『多摩ニュータウンの人口推移』社人研推計より

高齢化を心配する論調が多いのですが、多摩市でも2020年以降は高齢化のスピードは緩みます。団塊世代は確実に高齢化するのですが、新しく高齢者の仲間入りする人口が減っていくので、結果として高齢化のスピードは緩和されてきます。生産年齢の減少も同じで世代別の人口が減少しているので減ってきます。その分、高齢者が労働市場に参加してくれると社会や経済の循環はゆとりを持つようになります。

多摩市の世代別推移を観察しますと2005年段階では今後の高齢化と生産年齢の人口の減少との対比が大きく見えて、将来不安を呼び起こします。ところが現状の2017年という社会を体感していて、あまり将来不安を感じなくなっていることも実感としてあります。失業率の少なさや求人倍率の増加、高齢者の就労機会の増加など日本の社会状況は極めて良好です。

若い人たちの意識にも少しずつ変化が見られるのではないかと思います。賃金は上がりませんが失業はないという中で、若い世代は自らの人生設計を持ち始めているように思います。最近の東京の賃金体系と地方の賃金体系に差はあっても実際に生活するレベルでは意外と変わらないという実態があるように感じています。それこそ統計的に議論すべきところですが、割りと主観的な判断で思っていることを述べているのですが、これを仮設として実態を探ってみたいとも思います。

clip_image002

安直にググってみますと、特定非営利活動法人ふるさと回帰支援センター地方移住のデータでは40代までの若い世代が確実に地方移住を考えていて、現実にその比率を増やしているという報告があります。実際、山梨県北杜市の社会増を説明していますし、島根県中山間地域研究センターの調査では島根県の中山間に転入する世帯の意識など、都会では持てない価値を見出しての地方移住が有るのだという実感を得ることができます。

私たちはそろそろ安定した社会に入っているのではないでしょうか。定常社会という安定した社会。経済も安定して今ある環境を大切にしつつ持続可能な社会へ導いていくことができる様々な条件がクリアーされつつ有る社会。それが今から始まる定常社会ではないかと思うのです。ある意味では豊かな社会を作り上げるための条件が揃った段階で、今後はこの基盤を活かして将来を描いていくことになるのだと思うのです。

http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h26/hakusho/h27/html/n1211000.html

clip_image004

2017年5月28日 (日)

旅日記「アインシュタイン塔」

北緯52°22'43.8"N 東経13°03'50.0"E

1920年から1924年にかけて建てられた、ドイツの建築家エーリッヒ・メンデルゾーンの処女作。ドイツ表現主義の建築として強烈な感動を覚えた作品です。建築1年生の素人学生にとって、建築学科に入学して西洋建築史の授業を受けた時の図集に掲載されていた小さな写真だったのですが、印象深いものでした。図集の中ではいくつかあったのですが、その中での建築物で、単純に好感を抱いた建物の一つです。

「どうやって造るのだろう」という安直な疑問がずっと頭の隅にあったのですが、時代的にはコンクリートで造っていると理解しようと思っていたら、実はレンガ積みにモルタルで形作っているというのがわかったので合点がいった。レンガは積み上げてから削れます。微妙な線を出していく手法としてレンガ積みは最適です。現場でレンガを荒あらで積み上げ、表面を削って形を造る。そして表面にモルタル塗り込んで仕上げするという方法です。実物の表情を現地で見てさらに納得したものでした。(2010.6)

clip_image002

2017年2月19日 (日)

ちょっと目先を変えて「クリスマスツリー点灯式」。I do something new a little, and, "the Christmas tree lighting up system".

写真は2016年11月26日のクリスマスツリー点灯式ですが、周辺には砂利を積んだトラックや消防車など重量級の自動車を道路中央に置いてガードを固めていたので、テロ予防がここまで浸透しているのかなと思って帰国したのですが、『26日の爆弾未遂事件で逮捕されたモハメド・オスマン・モハムド(Mohamed Osman Mohamud)容疑者(19)は、ポートランド市内の広場でのクリスマスツリー点灯式を狙い、自動車爆弾を遠隔操作で爆発させようと計画、実行したとされる。【抜萃】』という事件が2010年にあったとのことを知った。

囲んだ警察官は緊張感は感じられなかったので、こちらも緊張しなかったのですが、クワバラクワバラ。

I do something new a little, and, "the Christmas tree lighting up system".

A picture was a Christmas tree lighting up way on November 26, 2016, but the truck which shipped a pebble and a fire truck put a car of the weight order in the road center and were strengthening the defense in the circumference, so I thought whether terrorism prevention permeates to here and returned home, that there was an event as "you assumed that Mohammed Osman arrested by bomb attempted crime and Mohammed (Mohamed Osman Mohamud) suspect on the 26th (19) executed planning they aimed at the Christmas tree lighting up system at the square in the Portland city, and in order to make a car bomb explosive by remote control operation. [batsusui]" in 2010. I knew.

The policeman who circled couldn't feel tension, so I wasn't also tense here, mulberry rose mulberry rose.

clip_image002

2017年2月18日 (土)

社会が変わっているという実感を考えてみる『40年過ぎた分譲団地、いまだからこそ未来ビジョンが必要』

現在、多摩市ではパルテノン多摩の大規模改修が話題になっていますが、これらの動きも多摩センター地区の未来ビジョンをベースとして語られなければ意味がありません。「古くなったから改修する」では答えになりません。もう少し根本的な地域の未来に向けた議論の末に、バルテノン多摩の活用が議論されることが望まれるのです。幸い、議会では次年度実施に向けた予算措置は据え置きになって、さらに議論が必要だという結論になったのですが、ちゃんとした総合的な議論の場を設置して、単なるお飾り的な委員会ではなくさらに多くの市民や専門家を巻き込んで、多摩センターの未来を見定めてもらいたいと思います。

また多摩センター駅周辺では、バルテノン多摩の改修だけではなく中央図書館や市役所の新設という多摩市の公共施設整備の議論が委員会という形でバラバラに議論されています。それも市民参加という形を採ってはいますが、多摩市で予め方向を定めた提案を持っており、筋書き通りにことが進むことを意図しながら進んでいるように見えます。その施設配置についても各委員会の結果について、多摩センター地区での整備で話がまとまっている中で、各施設との相互関係が定まらない中、別々の議論で結論を出してバラバラに進むことになっているとすればやはり問題です。多摩センター全体でやはり地区のビジョンづくりが必要だし、その中での市役所や中央図書館であるべきで、パルテノン多摩もその中の一つとして計画的な提案がなされるべきでしょう。

こうした動きと連動して、周辺の住宅地の再編も検討されなければなりません。特に地区センターの役割は大きく、地区内で住み続けるための施設整備が欠かせないのですが、求められるものと現実対応とのギャップがあるように感じます。というのも高齢化する居住者へのサポートが、本当に当事者としての高齢者が求めているものなのかが不明なままで、たとえば国の制度上の枠の中で支援する方法でしか実施されないことが地域のニーズに多面的な支援を要するはずの福祉施策をできないでいるようにも思います。実際の高齢者のニーズを掴むことや具体的な提案に対する検討など、進めるべきことは多々あるのですが、既存制度の枠でしか考えられない行政のシステムに解決のない状況が続いています。

こうした状況の改善については、行政サイドの施策優先の計画づくりではなく、居住者責任を全面に押し出した自己責任でのまちづくりを居住者自らが現状を共有して、自分たちも資金を出して改善するという意志を持たなければ根本的な解決はできないと思うのです。やはり地区ごとのまちづくりチームを形成して地区の問題課題をテーブルに挙げて改善の議論を始めなければならないのです。それは「地域の議論」「地区の議論」そして「団地の議論」が連続する議論の場を設けて「改善」「再生」「イノベーション」などの展開を方向づけることがまず必要なのだと考えます。

clip_image002

2017年2月11日 (土)

ちょっと目先を変えて「裏富士」。I do something new a little, and, "back Fuji".

河口湖からの富士山は柔らかい。海抜900mの高さから観る3776mの富士山ですから、太平洋側から観るのとは高さの感覚が違ってきます。当然、裾野の広さも違って見えます。河口湖からは観るのは2876mの高さの富士山ですから、約4分の3の高さになるので聳えるような景観にはならないのかもしれません。ですがやはり安定した独立峰が眺められるのは見事です。

2月の富士山には雪帽子が被っていて、濃淡の美しさも見事です。そんな河口湖だったのですが、湖畔を散策する観光客に海外の方が多かったのには驚きでした。湖畔に面した中学校の裏門には、中国語、韓国語、英語、それに日本語で『立入禁止』の表記。日本も国際的になったなとの思いを強くしました。

I do something new a little, and, "back Fuji".

Mt. Fuji from Kawaguchiko is soft. Because it's Mt. Fuji of the 3776m judged from the height of sea level 900m, a sense of the height is being different from seeing from the Pacific Ocean side. Of course, the size in the foot of mountain is also different and seen. Because it's Mt. Fuji of the height of the 2876m, it'll be the height of 3/about 4, so if it's in a view which towers, the one seen from Kawaguchiko may be the one I don't have. But it's excellent that the stable independent back is looked at as expected.

A snow hat wears it in Mt. Fuji in February, and beauty of the shade is also excellent. It was such Kawaguchiko, it was surprise in the tourist's who takes a walk through lakeside having to foreign countries. The transcription which are Chinese, Korean, English and Japanese in a back gate in a junior high school facing the lakeside, and "restricted". Japan also became international, the expectation was made strong.

clip_image002

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ