2016年3月19日 (土)

ちょっと目先を変えて、「古式ゆかしき」。An ancient rite does something new, and "is slightly admirable".

宮島の社殿では厳かに結婚の儀が催されていた。数年前に訪ねた日光の東照宮でも白無垢の和装に身を纏った神前結婚式を垣間見たが、厳島神社でも同様に結婚式が行われていた。多くの観光客が遠方から様子を観ていて、まさに観光地として最高のショーが繰り広げられているのが印象的だった。社殿には雅楽が奏でられ、あたり一体は音楽に包まれて日本の伝統を改めて感じた。一時期の結婚式場での結婚というトレンドが伝統的な神社での結婚式に戻りつつあるのかと思うのだが、全てではないにしろ多様化が進んでいることは確かで、日本文化が改めて活用されていることが嬉しくも思った次第である。

私の体験でも神社での結婚式は、兄の結婚式が最後で、丸亀市の山北八幡宮で結婚式を終えて披露宴は市民会館に場所を変えて行ったように記憶している。もう50年程前の話だから時代は大きく違っていたので、当時の正統派がどのような結婚式を挙げていたかは定かではないが、時代は半世紀で戻ってくるのかもしれない。

An ancient rite does something new, and "is slightly admirable".

A ceremony of marriage was held solemnly at a main hall of the shrine in Miyajima. I peeped at a wedding before the altar which also fits a body on dressing in kimono of a white kimono at Tosho-gu in Nikko at which I visited several years ago, Itsukushima-jinja, like, a wedding was performed. Many tourists were seeing how things are from a distant place, and it was striking that the best show is developed as a tourist spot surely. Court music of Japan was played in a main hall of the shrine and the vicinity unity was wrapped in music, and Japanese tradition was felt once more. I think a trend as marriage at a wedding hall in a time is returning to a wedding at a traditional shrine, it's certain that diversification is developed even if it isn't everything, and it's also the order of which I thought that Japanese culture is utilized once more happily.

A wedding at a shrine remembers my experience as elder brother's wedding was the end and a wedding reception finished a wedding in Yamakita-hachiman-gu in Marugame-shi, and adjourned to a civic hall and went. Because it was talk before about other 50 years, the time was big and different, so it isn't certain what kind of wedding ceremony an orthodox school in those days held, but it may be the one by which the time returns in half a century. (エキサイト翻訳より)

clip_image002

2012年6月20日 (水)

旅の話:派手になってくる結婚記念写真

アジアを旅行すると、観光地で結婚前のカップルが記念写真を撮るシーンに良く出会う。タイでもベトナムでもそして中国でもそうだから、恐らくアジアの各国でその習慣が広がっているのだろうと思う。思い思いの衣装に身を包んで結婚式での披露を目的とした路上写真館が展開されている。そこに登場するのが若いスタッフばかりのフォトチームで、カメラマンを中心として反射板(レフ板)担当、メイク担当、演出補助など各スタッフの役割が整っていて動きもキビキビして気持ちいい。

写真は中国・厦門のコロンス島内の教会の前。実は老人ホームとして使われている施設の前だが、カメラスポットとして人気の場所のようで、複数のカメラチームが思い思いのビジネスを展開していた。そう、これは結婚ビジネスの一つで、結婚するための儀式のようなもの。同じアジアでも日本ではこんなシーンは見られないが、発展途上のアジア新興国は若者の台頭する社会が展開している。だからその世代の結婚ビジネスが成り立つのかもしれない。

日本人の目で観ると奇異にも感じる新たな文化だが、かなり国と言うよりも民族的に習慣化しているようにも思われ、以前、ニューヨークのセントラルパークでもアジア系の花嫁との結婚記念写真をプロのカメラマンと企画スタッフとで、ウェディングドレスを着飾ったカップルが撮影していたシーンに出会ったことがある。本場アジアでの乱立する記念撮影シーンには及ばないが、結婚前に撮る記念撮影という意味では文化として定着しているのかなと思わせる出来事だった。

それにしても、結婚式の準備として記念写真に費用を掛けるのだから、少なくとも若い世代の写真家などにはアルバイト気分のビジネスに成っているはず。さて、ではいくら掛かるのかとググってみた。中国の価格はすぐにみつからなかったが、台湾の費用が出ていたので参考に紹介する。ロケ撮影での費用だがだいたい8万円から10万円というのが相場のよう。撮影時間も衣装の数も価格設定に依って違うが6時間から8時間掛けて貸衣装を取っ替え引っ変えして撮影をするという。生涯に一度?の結婚式だから、着せ替え人形のようにできる限り衣装を着て試しておけば、「また着てみたい」という不純な気持ちは浮かばないのかもしれない。なんと高級メニューでは、女性は5種、男性も2種の衣装が用意されていて、ヘアメイクなどは5回もするという。おまけに撮影時間は10時間にも及ぶというから、スタッフよりも花嫁花婿の疲労困憊もピークに達するはず。

たまさかのヒロインとヒーローが繰り広げる撮影物語には限界もあるはず。どこまでこの結婚ビジネスが展開していくのか、目を離せないものになりそう。所で、写真の地面に置いているピンクの草履。花嫁の移動用のものかな???

clip_image002

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ