2016年11月 5日 (土)

ちょっと目先を変えて「チンドン屋」。I do something new a little, and, "chin dong shop".

日本にも「街の軍楽隊」がある。それが「チンドン屋」だ。

私の子供心には店のオープンだというと必ずチンドン屋が街を回ってきた。江戸時代から伝わっているのか男性は町人曲げや女は丸髷、金や太鼓で新規開店の店を宣伝する。まあ、広告屋だ。特にパチンコ屋やスーパーのオープンには雇われて土日のアルバイトとして成立していたようだ。

写真は青梅市のレトロなイベントで登場していた。時代に照らしてみるとすでに人気を失っているチンドン屋だが、まだまだスタイルとしての資産が残っていて、現役で活動するグループがいるのだと改めて認識した思いがある。

I do something new a little, and, "chin dong shop".

There is also "military band in the town" in Japan. That's "chin dong shop".

When he says opening in a store, a chin dong seller has come to my childish mind via a town certainly. The man is transmitted from the Edo Period or merchant bends and women are a married woman's coiffure, money and a drum, and advertises a store of new opening. Oh, I'm a huckster. It seems to have been employed at opening of a pinball saloon and a supermarket and formed as a part-time job on the weekend in particular.

A picture appeared by a retrospective event in Oume-shi. When it'll be lit up at the time, it's the chin dong seller who loses popularity already, but property as a style is still left, and there is a thought that I recognized once more that I needed the group which comes into action actively.

clip_image002

clip_image004

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ